• corporate_bnr.png
  • facebook_bnr.png
  • google_bnr.png
  • youtube_bnr.png

© ベルテクノス中嶋大介社長ブログ「シアワセの種づくり」 All rights reserved.

_MG_8721

20161/16

健康第一

人生を最高のものにするために・・

健康が第一です!

現在私は健康にそのものです!

健康は最高です。

沢山勉強もしました、

なぜこのようになったかというと私は35歳の時に(六年前)自律神経失調症となりました。

ある日突然会議中に目の前がクラクラとしたかと思うと心臓の鼓動が早くなり横に倒れてしまいました。

息苦しくて仕方がなく恐怖そのものでした、

その瞬間は自分で心筋梗塞ではと考えながらも何が起こったかわからずとりあえず救急車で運ばれる始末です。

それからとどのようになったかというと

  • 外出ができない
  • ずっと胸が苦しい
  • いきなり発作が起きる
  • パニックになる

言い出したらキリがありませんが正直まともに生活ができる状況ではなく、会社の経営などとてもできる状況ではありませんでした。

会社の売り上げはドンドン落ちていき社員も一時期7割ほどが退社するほどになってしまいました。

健康を維持できなかったが為にそれまで築いてきたものが崩れ始め、それ以上に精神的な負担となって覆いかぶさってきたのです。

そんな中体が思い通りにいかない自分が悔しく、悲しく健康だった時を思い出し

『健康ということはなんて幸せだったのだろう・・・』

と考えさせられましたし後悔の日々を送ることになりました。

やがてほぼ完治するのに3年という月日が流れることになったのですがその3年間で本当にた沢山のことに気づかされました・・・

 

自律神経失調症になったきっかけとは・・

私はこれまでの人生健康が当たり前だったという事もあり本当に

体を大事にしてきませんでしたし、ありがたみもわからない人間でした・・・

 

私は若い頃からお金がなかったという事もあり昼夜働かざるをえない状況だった時期もあって

かなり無理もしてきました。

夜の仕事は飲み屋(パブ)でのバイトですのでお酒も沢山飲む仕事で結構ハードな仕事です。

 

25歳の頃には血液検査では万年、肝臓の数値と中性脂肪の数値が高い状態になってしまいました。

普段は食事には気を配っているのですが外食が多かったせいもありいつもこのような有様でした。

 

当時は徹夜で会社に行っても体がついてくるので少々無理をしても大丈夫だと過信もしていました。

情けない話ですが30過ぎてもこのような生活を送り続け、私は『俺の体は強い』という過信すらしていました。

幼少時代から貧しい生活を送ってきたので

『お金が大事だ』『会社を拡大するんだ』

こちらばかりに目が行ってしまい大事なことに気づいていませんでした。

 

そんな30代半ばのある日突然病魔がやってきたのです。

 

これからも一番大事なのは健康です。

体が悪い間は何をやってもうまくいきませんでした。

仕事は思い通りにいかないし、ストレスで家族に当たることもあります。

自分が心身ともに健康でなければ決して周りの人を幸せにすることはできません。

自分に対するメンテナンスは本当に大事なことです。

 

みんなで健康な体を手に入れ楽しい人生を歩みましょう!

これからも日々健康に取り組んでいきます!

 

関連記事

スクリーンショット 2019-06-10 18.05.08

ミドリムシ関連サイトを新たにオープン!

ミドリムシ関連の新サイトを2つオープンしました。 一つ目が販売サイトとなる『サンカルナ』というサイトです。 ミドリムシを初めて7…

OovPQr3SJS5NT8FpXGWA-e1543813985716

遊漁船をチャーターして社員とタイラバに挑戦

本日は社員数名と遊漁船をチャーターしてタイラバに挑戦しました。 前回は出港からおよそ40分辺りの海のど真ん中でエンジントラブルによりあ…

34V4uSCLSFyqlqXf0Bfeg-e1529973864492

新年あけましておめでとう御座います。2018年元旦

明けましておめでとうございます。 唯一私が仕事のことから解放される正月です。 家族とゆっくりとした時間を過ご…

CYBER BOX PRO

201611/17

情報セキュリティ商材の自社製品CYBER BOX PROのWEBサイト開設

ようやく完成しました。 自社のオリジナル商品CYBER BOX PROです。 こちらはオフィスの外部、内部あらゆる脅威か…

head_logo_01

20169/24

100円引越しセンターに対するライバル企業からの誹謗中傷記事

本日は残念なお話をいたします。 ご存知かと思いますが弊社が運営管理する 「100円引越しセンター」 に…

ページ上部へ戻る